中古のピアノを購入する場合に注意したいポイントとは?

ピアノのビギナーでも気軽にチャレンジできる曲とは?

2018年11月08日 17時46分

最近は大人を対象としたピアノ教室も増えています。昔のようにバイエルから始めることも良いのですが、やっぱり、好きな曲を平行して練習したいですね。ビギナーがモチベーションを維持しながらピアノを楽しめるには、簡単な曲でもいいので弾けるようになれることでしょう。ここでは、ビギナーでも弾きやすくて有名な曲をご紹介したいと思います。
 
  • レット・イット・ゴー
「アナと雪の女王」で話題になったディズニーの曲です。有名ですからメロディーラインも頭に入っています。シンプルな曲調ですからピアノ初心者でも取り組みやすいです。
 
  • カノン
「パッヘルベルのカノン」ですから、聞いた事がある人も多いです。右手の方を使ってメロディーを弾くので初心者でも比較的簡単に演奏することができます。お勧めの一曲です。
少年時代この曲も井上陽水さんで有名です。音楽の教科書に載ったこともありますから耳馴染みもあります。テンポもゆっくりですしシンプルなメロディです。ビギナー向けの楽曲です。
 
  • アメージンググレース
多くのアーティストにカバーされている名曲。シンプルなメロディーですし弾きやすく感じるでしょう。聞いたことがあるので、取り組みやすいメリットもあります。
 
  • 戦場のメリークリスマス
英語名: Merry Christmas Mr Lawrenceで坂本龍一氏の代表曲。スピードも速くありませんし、シンプルなメロディーからスタートします。感情を込めて演奏すると気分が良い曲です。はじめてピアノに挑戦する人にはお勧めしたいです。
 
  • ジュピター
平原綾香さんがカバーしてヒットしました。もともとはクラッシックでホルストの「惑星」の一部の「木星」をカバーして話題になりました。両方の手も少々複雑な動きが必要になります。ある程度慣れてきたら、挑戦してください。
 
  • ひこうき雲
スタジオジブリのアニメ映画「風立ちぬ」のテーマ曲です。松任谷由実さんの「ひこうき雲」もピアノ初心者にお勧めです。ユーミンファン・ジブリファンならば興味を持っているでしょう。簡単な曲からはじめたいならば挑戦して欲しい楽曲です。
 
  • 春よ、来い
これも松任谷由実さんの作品です。少しテンポが速いですが、シンプルなメロディなのでとっつきやすいです。
 
  • エトピリカ
葉加瀬太郎氏がレパートリーにしているバイオリンの曲です。テレビのBGMでも頻繁に使われています。別の曲で情熱大陸でも有名ですが、エトピリカの方がテンポはゆっくりです。ビギナーにはお勧めです。
 
  • エリーゼのために
これも超有名。ベートーベン作曲でもの悲しいメロディーは日本人の心を打ちます。少し右手がトリッキーな動きをします。少し難しい曲に挑戦してみたい場合のレパートリーとしては最適でしょう。
 
  • ソナタ
コレもベートーベンの作曲です。ソナタにも色々あって、第8番の「悲槍」、第14番の「月光」、第23番の「熱情」は特に人気があります。ちょっとレベルが高いですから、レベルアップの曲としてお勧めしたいです。
 
  • 世界に一つだけの花
SMAPの代表曲で日本の歌100選にも選ばれています。テンポも早すぎないですし、ゆっくりでもありません。人前で弾いても格好いいですね。レベルの高い曲にチャレンジする前のつなぎとして取り入れてもいいのではないでしょうか。
 
  • イエスタデイ・ワンス・モア
カーペンターズの曲で音楽の授業や英語の授業でも採用されていたりします。初心者にもお勧めです。テンポもゆっくりですから、慌てることもありませんね。
 
  • 涙そうそう
森山良子さんや夏川りみさんが、カバーしたことで話題になっています。シンプルな音調ですし、スピードもゆっくり。沖縄の情景を思い浮かべながら演奏しましょう。
 
  • ねこバス
スタジオジブリのアニメでも人気の「トトロ」です。ねこバスのテーマは楽しさ満載で明るいです。ピアノで演奏する場合はテンポが少々速いでしょうか。手の動きも少々複雑な場面もあります。ある程度慣れてきたら挑戦してみてください。