中古のピアノを購入する場合に注意したいポイントとは?

中古のピアノを購入する場合に注意したいポイントとは?

  • 鍵盤を押さえたときのタッチ感や音色などが気に入ったピアノを選びましょう!
 
楽器を選ぶ場合は、好きな音色であるかどうかが大きな購入ポイントになります。インターネット通販で購入するよりも実際に店舗に足を運んで指弾することをお勧めします。指弾しなければ購入できないでしょう。幾つか候補のピアノを引き比べるようするといいでしょう。
 
 
  • アップライトでも背丈の高さによって違いがあります。
 
アップライトでも高い背丈のモデルは長い弦が張っています。その効果によって低音の音色は豊かな響きになります。低音の響きにこだわりがあるならば131センチ前後のアップライトピアノを選ぶといいです。正確的にはゆったりとか、おっとりのキーワードが浮かびます。121センチ丈の低音も豊かですが、性格的には活発・快活ですね。音質的にはこのあたりの背丈のものはグランドピアノの音色を想定しています。
 
これよりも小さい110センチ前後のアップライトピアノは、ヨーロッパやアメリカで普及しているピアノです。デザインも凝ったものが多く家具調のピアノが多いです。音質は家庭用として割り切りましょう。ピアノを引き比べると低音の響きに不満がでてくるかもしれません。しかしバランスが取れていて自分自信で納得できるならば購入してもいいでしょう。普段使いのピアノならば十分かもしれません。
 
 
  • ピアノの消音装置は必要なのでしょうか?
 
消音装置は1993年にヤマハ社が発売したのです。ハンマーが現に当たる直前にハンマーの動きを止めて音を出さないようにし、鍵盤の動きの速度をセンサーで検知して、音質や強弱に変換して電子音源から発音して、その音をヘッドフォンで聴くメカニズムです。
 
ピアノの中に電子ピアノが内蔵されているイメージでしょうか。これならば、昼間は普通のピアノとして演奏し、夜間などはご近所に配慮して消音状態にしてヘッドフォンで聴く使い方ができます。
 
消音装置ができたことで、ピアノを演奏できる時間帯が広がりました。防音に悩みがあったプレイヤーには、うれしい販売でした。しかし、デメリット面もあります。ハンマーの動きを弦に触れる直前にストップすることになります。ピアノの調整を少し変えなければなりません。それによって鍵盤のコントロール性が少し低下します。デリケートな表現がしにくくなります。
 
 
  • 中古のピアノなのか電子ピアノなのか?
 
この両者は価格帯が似ているので比較されることが多いです。音にこだわりがあるならば、音の自然な響きや音の深さから考えて、中古であってもアコースティックピアノをお勧めします。しかし、電子ピアノも捨てがたい面があります。
 
では、電子ピアノには、どういったメリットがあるのかをピックアップしてみます。簡単に持ち運びができる・ヘッドフォンが使える・音色が色々選べるなどですね。一方デメリットとしては、どういったものがあるのでしょうか?古くなると買取してもらえない・メーカーが生産終了したら電子部品が供給されなくなり修理ができない・音は本物ではないなどです。
 
 
  • 致命的な欠陥がある中古ピアノは避けましょう。
響板と金属プレートのフレームに注目してください。響板の欠陥は「ヒビ割れ」と「駒の沈下」です。ノイズが出たり、音がでないトラブルの原因になります。フレームの欠陥の場合は「折れ」や「ヒビ割れ」です。調律ができなくなるのでピアノとしては致命的です。






 
ミキシング

グランドピアノ 中古

スタインウェイ 中古